今回はウェブやITとは関係ありませんが、それ以前のビジネスやマーケティングのお話をしたいと思います。
サラリーマンを経て起業される方は特に、様々なビジネス(活動)を展開したい方が少なくありません。私もその一人でございます。
やみくもに「やりたい事」だけを優先してしまい、結果として色々な活動が増えたのですが、それぞれの活動が上手く循環していない状況に陥ってはいませんか?
この状況を改善する為に、またはこれから事業を展開される方に「シナジーマップ」という図で現状を整理して、今後の活動プランを練ってみる事をオススメいたします。

シナジーマップとは?

「シナジーマップ」が何かを簡単に説明すると、自分が活動している活動をそれぞれ矢印で繋いで、活動の金の流れや集客、シナジー(相乗効果)の有無を把握する為の図です。
その矢印は3つあり

  • ● AD(Advertise)宣伝 = 広告
  • ● ID(Identitiy)世界観・自分自身 = ブランディング/イメージ戦略
  • ● ¥(yen)お金 = 販売

これを描くことで、活動がうまく循環せずにエネルギーをロスしている部分が可視化でき、今後の活動プランを練る事が出来ます。
詳しくはキンコン西野亮廣さんの動画がわかりやすいのでこちらの動画を参考にしてください。

ビジネスの観点から考える宮迫の弱点について【西野先生】
シナジーマップ_西野さん

西野さんのシナジーマップ 解説

  • ① ビジネス書を広告塔にする、売上は全てビジネス書を売るために広告を出す
  • ② ビジネス書購入/ブログ閲覧者からオンラインサロンに誘導し集客する(オンラインサロンでお金を生む)
  • ③ オンラインサロンの収益で絵本を出版、映画公開、ミュージカル開演。他社のとは違う製作費ががけられる!
  • ④ プペル絵本や映画を見たファンが、その世界観そのままの会議室や飲食店を利用する
  • ⑤ ロザリーナさんHYDEさんを起用し高い製作費をかけた映画プペルのミュージックビデオをYoutubeで一般公開
  • ⑥ そのミュージックビデオの舞台裏はオンラインサロンメンバーだけ見せる
  • ⑦ 多額の費用でホリエモンやローランドを呼んで武道館でやったイベントサーカスをYoutubeで一般公開、これも西野亮廣信者とも言うべきオンラインサロンメンバーを増やすための大々的な広告でしょう。

今となっては、どんだけサロンメンバーいるんだろうか!?

自分とは関係のないビジネスはNG

と言った感じで全てのビジネスが相乗効果で上手く回っていますね!
で、ココでやってはいけないのが、自分のやってきている世界観とは違ったコトをやってしまうと上手くいきません。
例えば西野さんがYoutubeで言っていた「釣り雑誌の連載」案件をもらってやっても、どこにも連携してこないので意味がないし、他のビジネスにもマイナス影響が出てしまいます。(※釣り雑誌がいけない訳ではありません)

となると・・・西野さん、次はテーマパーク「プペルランド」設立かな? w

ご自身のビジネス展開でシナジーマップを作ろう

では、ここで!
このシナジーマップがわかってきたところで、自分や他の事業をされている方々にはどんなシナジーマップがいいのだろうか?

それは次回のブログで解説いたします!